いろんな方法があると思いますが、おすすめをご紹介します。

まずは2つの遺言書を比べてみてください。
(内容をわかりやすくするため、あえて法形式にはしたがっていません。)

よくある形式
遺言公正証書

遺言者は、下記の者にそれぞれ次の財産を相続させる。

長男 一郎   自宅の土地建物(価値4,000万円)
会社の株式  (価値7,000万円)
長女 花子   A預金 800万円

おすすめの形式
遺言公正証書

遺言者は、下記の財産をそれぞれ次のとおり相続させる。

長男 一郎   自宅の土地建物(価値4,000万円)
会社の株式  (価値7,000万円)
長女 花子   A預金 800万円

(付言事項)

純、蛍、俺にはおまえらにたくさんのものを残してやることはできない。
でも、おまえらには上手く言えんが、残すべきものはもう残した気がする。
家と会社と、少しの預金しか残せんが、本当に残すべきものは伝えた気がする。

花俺が死んだ後の麓郷はどんなか。きっとなんにも変わらんのだろうな。
いつもの様に、春、雪が解け、夏、花が咲いて、畑に人が出ていつもの様に白井の親方が夜遅くまでトラクターを動かし、いつもの様にでめんさんが働く。
きっと以前と同じなんだろう。

俺の会社で純が一生懸命になって、純の家に、たまには蛍が正吉といっしょにあそびにきてくれると嬉しい。純が引き継いだ俺の家で、快や孫たちが遊んでたら嬉しい。

金なんか望むな。幸せだけを見ろ。
ここには何もないが自然だけはある。
自然はお前らを死なない程度には十分毎年食わしてくれる。
自然から頂戴しろ。
そして謙虚に、つつましく生きろ。

それが父さんのおまえらへの遺言だ。

「北の国から2002遺言」のラストで流れる五郎さんの語り(遺言)をフルで引用しております(一部分のみ変更)。遺留分の問題をのりこえ、兄弟が遺恨をのこさないためには、こういうのも効果的かもしれません。